HOME
更新情報
文法メモ
研究資料
業績一覧
リンク
文献案内

外連声(子音)

末尾の破裂音
(g←) k + 有声音
(d←) t + 有声音
(d←) t + 有声音
(b←) p + 有声音

(その系列の鼻音←) 破裂音 + 鼻音

(c←) t + c/ch
(j←) t + j/jh
(t←) t + t/th
(d←) t + d/dh
(l←) t + l

t/d + š →cch

末尾の鼻音
短母音 + N/ñ/n/n(→重複される) +語頭の母音

(ñ←) n + j/jh
(N←) n + d/dh
(ñ←) n + š [ときに→ch]
(m) (l@←) n + l

(m←) n + (šを挿入) + c
(m←) n + (sを挿入) + t
(m←) n + (sを挿入) + t

mは子音の前では一般にm(anusvâra)となる。破裂音の前ではその系列の鼻音となることもある。

末尾のr/s/h
(h←) r/s + k/kh/p/ph/š/s/s
(šの前でš, sの前でs, sの前でsとなることもある)

a/â以外の母音 + s (→r) + 有声音

(長母音←) 短母音 + r (→消滅)+ 語頭のr

(a←) as + a以外の母音
(o←) as + 有声子音/a (→ '(消滅))
(â←) âs + 有声音

* 代名詞sah/esahは文の終りに来るときのみ,そのVisargaを保持する。aの前では,so/esoとなり,その他すべての音の前でsa/esaとなる。

語頭における子音の変化
k + h → ggh
t + h → ddh
t + h → ddh
p + h → bbh
â/mâ/短母音 + ch (→cch)
* 長母音の前でchは任意にcchと書かれる。語中においても母音にはさまれるときはcchと書かれる。
*
Copyright (C) KOUDA Ryoshu
@Bon kara sekai e.
All Rights Reserved.

Mail : koudar@excite.co.jp