HOME
更新情報
研究資料
業績一覧
リンク
文献案内


さら配列 (20061022版)

単打

さら配列 : 単打
「BS」は「Back space」キー、「改」は「ENTER」キーをそれぞれ意味します。ただし「SHIFT」+「ENTER」等の機能は使えませんので、その場合は本物の「ENTER」キーをお使い下さい。

逆手シフト


打つ手と反対の手の親指で[変換]または[無変換]キーを同時打鍵します。
さら配列 : 逆手シフト


同手シフト


打つ手の親指で[変換]または[無変換]キーを同時打鍵します。
さら配列 : 同手シフト

シフトキーでシフト


小指でシフトキーを押しながらタイプします。これは飛鳥カナ配列の作者であるRay様のアイデアを参考にし、それに数字を追加しました。
さら配列 : シフトキーでシフト

この配列の評価

この配列が本当にいいかどうか作ってる本人もよくわからないので,グラフを作ってみました。
Uジロー様の公開されている約22万字のブログ原稿におけるカナの出現頻度表をコーパスとして用いて計算いたしました。有用なデータを公開されたUジロー様に深く感謝いたします。

指の使用頻度(指つかいは上の図に従う)
(単位は%)
指の使用頻度
(全部足すと100.04にはなってますが(^^;;),その辺はご愛敬ということでお許し下さい。)
一見左手中指の頻度が低いようですが、このグラフには「BS」の頻度が含まれておりませんので、その点を考慮すればこれでもいいような気がします。

段の使用頻度
(単位は%)
段の使用頻度

シフトの使用頻度
(単位は%)
シフトの使用頻度

Last Updated 30 October, 2006

*
Copyright (C) KOUDA Ryoshu
@Bon kara sekai e.
All Rights Reserved.

Mail : koudar@excite.co.jp