HOME
更新情報
文法メモ
研究資料
業績一覧
リンク
文献案内

研究業績


〈イ ンド学仏教学関係〉
  1. 2017年3月 「Madhusūdana著Ācārārṇava:写本ならびに研究序説」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第41号.

  2. 2016年3月 「Gopāla 著Kṛtyakāmadhenu の貝葉写本(下)」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第40号.PDF file (6.17MB)
    写本のカラー画像:PDF file(9.36MB)

  3. 2015年11月 「文献学者としての渡辺海旭」
    『佛教文化学会紀要』第24号.

  4. 2015年3月 「Gopāla 著Kṛtyakāmadhenu の貝葉写本(上)」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第39号.PDF file (6.16MB)

  5. 2014年3月 「Vāmana著Kāvyālaṃkārasūtravṛtti『詩の修辞法の手引・註』第2~3章:テクストならびに訳註」 (「サンスクリット修辞法研究会」による共同研究)
    『大正大学綜合佛教研究所年報』第36号.PDF file

  6. 2013年3月 「Vāmana著Kāvyālaṃkārasūtravṛtti『詩の修辞法の手引・註』第1章:テクストならびに訳註」 (「サンスクリット修辞法研究会」による共同研究)
    『大正大学綜合佛教研究所年報』第35号. PDF file

  7. 2013年3月 「Abhisamācārika-Dharmaにおける副詞の用法」
    『三康文化研究所年報』第44号.

  8. 2012年3月 「Bhāmaha著Kāvyālaṃkāra『詩の修辞法』第5章:テクストならびに訳註」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第36号.PDF file(1.312MB)

  9. 2012年3月 「Daṇḍin著Kāvyādarśa『詩の鏡』第3章(下):テクストならびに訳註」 (「サンスクリット修辞法研究会」による共同研究)
    『大正大学綜合佛教研究所年報』第34号.

  10. 2011年3月 「Bhāmaha著Kāvyālaṃkāra『詩の修辞法』第4章:テクストならびに訳註」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第35号.PDF file(810KB)

  11. 2011年3月 「Daṇḍin著Kāvyādarśa『詩の鏡』第3章(上):テクストならびに訳註」 (「サンスクリット修辞法研究会」による共同研究)
    『大正大学綜合佛教研究所年報』第33号.

  12. 2010年3月 「Bhāmaha著Kāvyālaṃkāra『詩の修辞法』第1~2章:テクストならびに訳註」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第34号.PDF file(1.088MB)

  13. 2010年3月 「Daṇḍin著Kāvyādarśa『詩の鏡』第2章(下):テクストならびに訳註」 (「サンスクリット修辞法研究会」による共同研究)
    『大正大学綜合佛教研究所年報』第32号.

  14. 2009年11月28日 「Kāvyādarśaの註釈者Ratnaśrījñānaについて」(口頭発表), 佛教文化学会第19回学術大会,於・大正大学

  15. 2009年3月 「Bhāmaha著Kāvyālaṃkāra『詩の修辞法』第3章:テクストならびに訳註」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第33号.PDF file(1.114MB)

  16. 2009年3月 「Daṇḍin著Kāvyādarśa『詩の鏡』第2章(上):テクストならびに訳註」 (「サンスクリット修辞法研究会」による共同研究)
    『大正大学綜合佛教研究所年報』第31号.

  17. 2008年4月 渡辺研二著『パーリ語入門』(編者:古宇田亮修)
     DTP出版.

  18. 2008年3月 「Daṇḍin著Kāvyādarśa『詩の鏡』第1章:テクストならびに訳註」 (「サンスクリット修辞法研究会」による共同研究)
    『大正大学綜合佛教研究所年報』第30号.(pp. (117)-(147))

  19. 2008年3月 「学祖・長谷川良信の教育理念とその源流:大乗仏教との関わりを中心に」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第32号(上)(pp. 27-68).PDF file(1.127MB)

  20. 2007年3月 「Kirātārjunīya第2章:テクストならびに訳註」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第31号(pp. (39)-(63)).PDF file(719KB)

  21. 2007年2月 「Kirātārjunīya第1章:テクストならびに訳註」
    松濤誠達先生古稀記念 梵文学研究論集』大祥書籍(pp. 403-421)

  22. 2006年3月18日 『梵文維摩經:ポタラ宮所蔵写本に基づく校訂』,大正大学出版会,p. xxvi + 126(大正大学綜合佛教研究所 梵語佛典研究会による共著)

  23. 2005年3月 「Abhisamācārika-Dharma第7章訳註」
    『三康文化研究所年報』第36号(pp. 15-42).

  24. 2004年6月 「Abhisamācārika-Dharma第3章訳註」
    『仏教文化学会十周年・北條賢三教授古稀記念論文集』, p. 22.

  25. 2004年3月20日 「Abhisamācārika-Dharma第4章訳註」 『大正大学綜合佛教研究所年報』,第26号, p. 22. PDF file (184KB)

  26. 2004年3月18日 『梵藏漢対照『維摩經』『智光明莊嚴經』』(三分冊),大正大学出版会の中、以下を担当。
    第一部 『維摩經』『智光明莊嚴經』解説 解題(pp. 11-21),
    維摩經に関する文献目録(pp. 49-57),
    『維摩經』『智光明莊嚴經』梵文写本の書体(pp. 91-122),
    第二部 梵藏漢対照『維摩經』第IV章(pp. 190-217) 正誤表

  27. 2003年9月25日 「Śatapatha-Brāhmaṇa訳註(1.3.2-4)」 『佐藤良純教授古稀記念論文集: インド文化と仏教思想の基調と展開』, 山喜房佛書林, pp. 63-80.(横組)

  28. 2003年9月7日 「Abhisamācārika-Dharmaにおける諸問題」日本印度学佛教学会,於 佛教大学. 『印度学佛教学研究』52-1(2003年12月), pp. (153)-(155) . 要旨

  29. 2002年12月4日 「ヒンドゥー教における身の処し方 ─āśrama説を中心に─」、 大正大学綜合佛教研究所公開講座 発表原稿

  30. 2002年3月 「Śatapatha-Brāhmaṇa訳註(1.2.5-1.3.1)」, 『大正大学綜合佛教研究所年報』,第24号,pp.374-354(横組).PDF file (233KB).

  31. 2000年9月27日 「Śatapatha-Brāhmaṇaの成立に関する研究の現状と課題」(口頭発表) 大正大学綜合佛教研究所所内研究発表

  32. 1999年3月 「Transcribed Sanskrit Text of the Amoghapāśakalparāja Part 2」(共同研究), 『大正大学綜合佛教研究所年報』, 第21号, pp.154-107(横組).

  33. 1998年11月 「写本に関する覚書」,「Transcription of the Abhisamācārika-Dharma Chapter3-4」 『「大衆部説出世部律・比丘威儀法」梵文写本影印判手引』(ダウンロードページにジャンプ→綜合佛教研究所 )所収

  34. 1998年3月 「Śatapatha-Brāhmaṇa訳註(1.2.1-4)」, 『大正大学大学院研究論集』, 第22号,pp.204-189(横組).PDF file (150KB)

  35. 1997年3月 「Śatapatha-Brāhmaṇa訳註(1.1)」, 『大正大学大学院研究論集』, 第21号,pp.238-217(横組).PDF file (261KB)

  36. 1995年3月 修士論文「古代インド語散文のSyntaxについて:“Śatapatha-Brāhmaṇa”を例として」, p. 127.

    1993年3月 卒業論文「“Kirātārjunīya”に関する文法的一考察:Mallinātha註を参照して」,p. 278.



〈社会事業史ほか〉
  1. 2017年3月 「高瀬真卿関係資料の紹介」
    『高瀬真卿日記 六』〈淑徳大学アーカイブズ叢書6〉(pp.155-190).

  2. 2017年3月 〈資料紹介〉「高瀬真卿『いつまで草』(下)」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第41号(pp.1-3).

  3. 2016年3月 〈資料紹介〉「高瀬真卿『いつまで草』(中)」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第40号(pp.1-3).

  4. 2015年3月 「第4章 マハヤナ学園撫子園の資料保存とデジタル・アーカイビング」
    『社会福祉施設における文書等のアーカイビングに関する事例研究』(pp.51-111). (平成24~26 年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究課題番号:24530725 研究成果報告書).

  5. 2015年3月 〈資料紹介〉「高瀬真卿『いつまで草』(上)」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第39号(pp.1-5).

  6. 2014年3月 「史料紹介:東京感化院関係史料集(18)」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第38号(pp.115-116).

  7. 2013年3月 「史料紹介:東京感化院関係史料集(17)」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第37号(pp.21-24).

  8. 2011年10月 『近代日本における感化教育の黎明期:東京感化院と千葉感化院』(全体の編集と第1~4章および付章の執筆を担当), 長谷川仏教文化研究所(ISBN 978-4-905491-02-6, 非売品), pp.5-30, pp.39-43.

  9. 2011年3月 「東京感化院関係史料集(1)~(16)所収史料一覧」
    『長谷川仏教文化研究所年報』第35号.PDF file

  10. 2011年1月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(16):長谷川仏教文化研究所年報 第35号別冊IV』(pp. i-vi).PDF file

  11. 2010年8月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(15):長谷川仏教文化研究所年報 第35号別冊III』(pp. v-xi).PDF file

  12. 2010年6月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(14):長谷川仏教文化研究所年報 第35号別冊II』(pp. vii-x).PDF file

  13. 2010年4月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(13):長谷川仏教文化研究所年報 第35号別冊I』(pp. v-vi).PDF file

  14. 2010年3月 「史料紹介『明治二十八年 新聞切抜綴 東京感化院』」
    『長谷川仏教文化研究所年報第34号』.

  15. 2009年11月 21日「資料のデジタル保存について」(口頭発表)
    地域社会福祉史研究会連絡協議会,於・淑徳短期大学

  16. 2009年8月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(12):長谷川仏教文化研究所年報 第34号別冊IV』(pp. vii-ix).PDF file

  17. 2009年7月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(11):長谷川仏教文化研究所年報 第34号別冊III』(pp. vii-viii).PDF file

  18. 2009年6月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(10):長谷川仏教文化研究所年報 第34号別冊II』(pp. vii-ix).PDF file

  19. 2009年4月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(9):長谷川仏教文化研究所年報 第34号別冊I』(pp. v-vii).PDF file

  20. 2009年3月 「東京感化院の感化教育について:明治27~31年の分析」
    『長谷川仏教文化研究所年報第33号』

  21. 2008年11月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(8):長谷川仏教文化研究所年報 第33号別冊IV』(pp. v-vi).PDF file

  22. 2008年10月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(7):長谷川仏教文化研究所年報 第33号別冊III』(pp. v-xvi).PDF file

  23. 2008年9月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(6):長谷川仏教文化研究所年報 第33号別冊II』(pp. v-viii).PDF file

  24. 2008年6月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(5):長谷川仏教文化研究所年報 第33号別冊Ⅰ』(pp. v-viii).PDF file

  25. 2008年3月 「明治28年の東京感化院:渋谷村羽澤における運営と感化教育」
    『長谷川仏教文化研究所年報第32号(下)』

  26. 2007年9月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(4):長谷川仏教文化研究所年報 第32号別冊Ⅱ』(pp. v-vii).PDF file

  27. 2007年7月 「史料紹介」
    『東京感化院関係史料集(3):長谷川仏教文化研究所年報 第32号別冊』(pp. v-xxviii). PDF file

  28. 2007年3月 「史料の概要紹介」
    『東京感化院関係史料集(2):長谷川仏教文化研究所年報 第31号別冊』(pp. xi-xx).PDF file

  29. 2005年2月 『おかげの糸 改訂版』(石上善應監修,共著)
    長谷川仏教文化研究所,p.101


プロフィール


名前: 古宇田 亮修


略歴:

1971年 東京に生まれる

1998年3月 大正大学大学院(仏教学専攻梵文学コース)博士課程単位取得満期退学

1998年4月 大正大学綜合佛教研究所,研究生(~2000年3月)

2000年4月 同,研究員(~2004年3月)

2004年4月 大乗淑徳学園附置 長谷川仏教文化研究所,主任研究員(~2010年9月)

2010年10月 淑徳大学 長谷川仏教文化研究所,主幹,専任研究員(至現在)

専攻分野 : 梵語文献学,仏教思想史

所属学会 : 日本印度学仏教学会,日本仏教学会,仏教文化学会,日本仏教社会福祉学会,日本社会事業史学会,千葉・関東地域社会福祉史研究会

現在参加中の研究会:サンスクリット修辞法研究会,律経「出家事」研究会

*
Copyright (C) KOUDA Ryoshu
All Rights Reserved.